おいしいものとわたしの幸せたち。

【宿泊記】星野リゾート OMO5東京大塚 やぐらルーム 1109号室

 こんにちは。わたしです。

先日大塚駅にある”星野リゾート OMO5東京大塚”に宿泊してきました。

f:id:kisskillme:20210712140802j:image

OMOは2018年5月にオープンした星野リゾートの新ブランドで”街を楽しむ”という「都市観光型ホテル」というカジュアルなライン。

この日は2名で金曜の夜宿泊で「夜通し居酒屋プラン」1人当たり9,000円程でした。

土日だともう少し値段は上がりますが安い!星のやのお値段といつもにらめっこしていたわたしはびっくりです。

本日はそんなOMO5東京大塚のお部屋を紹介していきます。

 

 

Check In

OMO5東京大塚はJR大塚駅北口を出て徒歩3分程。

駅をできるとすぐに建物が見えるので迷わず安心です。

(宿泊したと思われるお部屋を指さす友人)
f:id:kisskillme:20210712140747j:image

こちらの入り口から入ります。格子がなんだか素敵。
f:id:kisskillme:20210712140806j:image

1階はエレベーターホールのみのスペース。ここから4階のフロントへと向かいます。
f:id:kisskillme:20210712140757j:image

フォトスポットかな。よく見ると都電荒川線や居酒屋など大塚らしいイラスト。
f:id:kisskillme:20210712140751j:image

4階に到着すると広々とした廊下があり電車ぽくなっているのが可愛い。

チェックイン前の待ち合わせにちょっと座っているのもいいかも。
f:id:kisskillme:20210712140744j:image
f:id:kisskillme:20210712140809j:image

向かい側には可愛らしい手書き風な周辺マップ。
f:id:kisskillme:20210712140754j:image

居酒屋プランを行っているからか否かわかりませんがお酒の本も多い。

借りて読んで良いようでした。
f:id:kisskillme:20210712140815j:image

お菓子、おつまみ系やジュースにお酒といろいろと販売もあり。コンビニ代わりというよりはちょっと可愛い素敵なものを買いたい人向けかな。無茶々園のオレンジジュースなどがありました。
f:id:kisskillme:20210712140812j:image

 こちらがロビー。光が反射してしまいぼやけていますが広々としています。

f:id:kisskillme:20210712141736j:image

 このお向かい(画像左側)にフロントのカウンターがあるのですが写真を失念してしまいました。先にチェックインしてくれてたお友達によると事前にメールでQRコードが送付されてきて自動チェックイン機で読み取るとのこと。

f:id:kisskillme:20210712163753j:image

お部屋にはパジャマ・スリッパの用意はなくパジャマはフロントで200円でレンタルしています。(スリッパは5階自動販売機で販売あり)
f:id:kisskillme:20210712141728p:image

エレベーターに乗りお部屋へと向かいましょう。エレベーターは乗る際にカードキーをかざすタイプ。
f:id:kisskillme:20210712141703j:image

フロアはこんな感じで4階が先ほどのフロント、5階に自動販売機・ランドリースペース、5~13階が客室。
f:id:kisskillme:20210712141706j:image

せっかくなので先に5階を見に行きましょう。

 

5階 ランドリー・自販機ルーム

階数の表示が可愛い。案内通り右へと進むとちょっとしたお部屋があり。
f:id:kisskillme:20210712141711j:image

ドリンクの自販機とアメニティの自販機がありました。
f:id:kisskillme:20210712141659j:image

スキンケアにちょっとかわいい歯ブラシ(お部屋にも用意はあるので誰が買うんだろう…)、洗剤に使い捨てスリッパ、お茶のティーバッグやバスソルトなどお部屋には必要最低限のアメニティしか置いてないものの欲しければここで調達できる…って感じですね。
f:id:kisskillme:20210712141716j:image

 あとは洗濯機、製氷機、電子レンジにアイロンと多目的なスペースです。

f:id:kisskillme:20210712141909j:image

 

Hall Way

本日アサインされたのは11階。13階までが客室なのでなかなか高層です。
f:id:kisskillme:20210712141719j:image

廊下は結構シックな感じ。でも明るいです。

f:id:kisskillme:20210712223824j:image

今日のお部屋はこちらの1109号室です。

お家のマークが可愛らしいですね。
f:id:kisskillme:20210712141724j:image

本日宿泊するのはタイトル通りやぐらルーム。というよりOMO大塚にはやぐらルーム(最大定員3名)とシングルルーム(最大定員1名)しかないため選択肢はありません。

ではではさっそく見ていきましょう。

 

Room

お部屋オープン!を久しぶりに撮影し忘れてしまったのですが部屋に入るとこんな感じ。

グリーンを基調にしたお部屋がすごくかわいい〜! 

f:id:kisskillme:20210712142401j:image

ちなみにお部屋は土足厳禁。きちんと玄関で靴を脱いで利用しましょう。
f:id:kisskillme:20210712142414j:image

ドア周りはこんな感じでシンプル。
f:id:kisskillme:20210712142421j:image

おそらくこのフロアは全部やぐらルームですね。19平米とビジネスホテルと思うと少し広めでやぐらがあるのでベッドスペースが節約でき、かなり広々としたお部屋です。
f:id:kisskillme:20210712142410j:image

 

Bath Room

入って右手にはドアが二つ。
f:id:kisskillme:20210712142404j:image

右側の木目の扉はトイレ。シンプルですが綺麗。
f:id:kisskillme:20210712142407j:image

隣のすりガラスはバスルーム。

カラフルなタイルが可愛らしい。湯船も意外としっかり深い。

洗い場付きのお風呂が嬉しいです。
f:id:kisskillme:20210712142418j:image

バスチェアと桶もちゃんとあります。ちょっと和風な感じが混じってるの素敵。
f:id:kisskillme:20210712142358j:image

シャンプー、コンディショナー、ボディソープはボトルでおいてあります。

星野リゾートオリジナルのもののようです。
f:id:kisskillme:20210712142354j:image

 そしてバスルームの横に洗面台あり。この位置すぐに手が洗いやすいし便利ですね。

ロールスクリーンを下ろすことで脱衣所を作り出すことができます。少々不便ではあるものの2人で宿泊だったらそこまで困らないかな…って感じ。

f:id:kisskillme:20210712142827j:image

石鹸が泡で出せるタイプなのが嬉しい。アルコールもきちんと常備されています。

ゴミ箱が大きいし脱衣籠があるのもすごい。
f:id:kisskillme:20210712142809j:image

Closet

クローゼットはなく、全てが壁にかかって収納されています。真冬でコートをかけたり連泊で何着も服をかけたり…って感じではないかも。
f:id:kisskillme:20210712142816j:image

タオルはこんな感じで持ち運べそうなバッグになっていますがひっかけやすいからこんな形なのかな。大浴場(OMO大塚にはありませんが…)とかに行くのに良さそうな感じ。
f:id:kisskillme:20210712142813j:image

ドライヤーもここにかかっているのすごい。Panasonic EH-NE28。常備灯もここにさがっています。
f:id:kisskillme:20210712142824j:image

3人部屋のはずなのですが歯ブラシは4つあり。不思議。
f:id:kisskillme:20210712142831j:image

 

Living Space

さて、奥へと進んでいきましょう。櫓だ〜〜!とよくわからないけれどテンションがあがる。
f:id:kisskillme:20210712142820j:image

 壁が格子のようになっていてそこに色々と配置されているのが工夫されていますよね…

f:id:kisskillme:20210712143328j:image

ナチュラルな色味のメモスタンドやティッシュが北欧ぽくてかわいい。
f:id:kisskillme:20210712143331j:image
全国の星野リゾートが掲載されている冊子もあり思わずぱらぱらと見てしまいますね。思う壺だ…!ブレストンコート、今夏宿泊予定なので楽しみ。
f:id:kisskillme:20210712143324j:image

そのほか色々と案内があり。インフォメーションブックに荷物の配送サービスやタクシー手配などなど。
f:id:kisskillme:20210712143315p:image

このご時世で一部のレンジャーツアーを休止しているそうですが朝のお散歩ツアー(無料・現在も実施中)やグルメ・はしご酒・ナイトカルチャーを案内してくれるのも楽しそう…。お客様からの要望は受け付けずお勧めする場所にお連れします!と言うところもちょっと面白い。(笑)
f:id:kisskillme:20210712143334j:image

レイトアウトを受け付けてくれて料金が明確に書いてあるのも嬉しいですね。11時チェックアウトだと早いからついつい1時間伸ばしてしまいたくなりそうです…

 そしてゆったりできるソファスペース。3名で宿泊の場合はここをベッドにするみたい。座ってしまったのでよれていますが(笑)かわいい〜!

f:id:kisskillme:20210712175232j:image

2人がごろごろしても十分な広さ。ここでお酒を飲んでいたのですが酔い潰れてここでそのまま寝てしまいそうです(ダメ人間)
f:id:kisskillme:20210712175133j:image

お盆が可愛らしいですね。
f:id:kisskillme:20210712175104j:image

View

窓からは大塚駅方面が見えますね。駅前のモニュメントが夜は光っていて綺麗でした。

f:id:kisskillme:20210712175220j:image

窓からはホテルがたくさん見える。大塚ってそんなホテルが多いんですね。

今まで駅を降りたこともなかったので知りませんでした。
f:id:kisskillme:20210712175228j:image

 

Under the stairs

階段下の空間もきちんと有効利用されています。
f:id:kisskillme:20210712175235j:image

3名で宿泊の場合に使用するお布団が入っていました。

シーツの敷き方とか書いてあるの、修学旅行みたい…!
f:id:kisskillme:20210712175123j:image

冷蔵庫もちゃんとあり。
f:id:kisskillme:20210712175224j:image

居酒屋プランだったのでセットに含まれている炭酸水とお水が入っていました。

お水もペットボトルではなく容器に入っていて経費削減感…まあ冷えてればなんでも良い気もする。
f:id:kisskillme:20210712175140j:image

カップはすべてプラスチック。プラカップも口に触れた感覚があまり好きではないのですがしょうがないな…?と思ったり。ケトルもちゃんと置かれています。
f:id:kisskillme:20210712175155j:image

こちらの引き出しのみ空でした。
f:id:kisskillme:20210712175108j:image

さてさて、では最後はやぐらの上へと登っていきましょう…。
f:id:kisskillme:20210712175128j:image

やぐらの上から見下ろすと結構高くて怖い。
f:id:kisskillme:20210712175112j:image

上はこんな感じになっています。お布団がぎりぎり2枚敷ける広さ。置かれている座布団?が可愛らしい。
f:id:kisskillme:20210712175211j:image

一人ずつ枕元に電源が1つあり。正直もう一個くらい欲しい。
f:id:kisskillme:20210712175150j:image

ライトのコントロールもこちらでできるので安心です。
f:id:kisskillme:20210712175118j:image

やはりロフトなので少し暑苦しいのと寝返りをうつと隣のお布団へ侵入してしまいそうな狭さではあるのですがなんとなく秘密基地みたいで楽しいですね。

お子様との宿泊にも良さそうです…!f:id:kisskillme:20210712175146j:image

そんなOMO大塚、ちょっとコンセントが少なかったりアメニティが必要最低限だったりとはありましたがこのお値段で星野リゾート系列で綺麗なお部屋に宿泊できるならなかなかいいな…と思ったり。

>公式予約はこちら >楽天トラベルはこちら

何より今回利用した夜通し居酒屋プランがその満足度を高めてくれたのでそれはまた明日のブログで書いていきたいと思います。

ではでは!また次のブログでお会いしましょう。ばいばーい!