おいしいものとわたしの幸せたち。

【宿泊記】ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留 エコノミーダブル 3309号室

こんにちは。わたしです。

10月の暇を持て余したある日「そうだ、がっつり集中してブログを書こう!」と思ったわたし。(その成果は未だ出ておらず隔日投稿が続いていますが)

自宅ではなかなか捗らないのでホテルのデイユースプランを利用することに。

f:id:kisskillme:20220131133010j:image

本日はそんなわけで訪れた ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留のお部屋について書いていこうと思います。

土曜日の朝9時‾夜21時の最長12時間プランで12,350円でした。

→一休.comでザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留 を予約する。

 

Check In

f:id:kisskillme:20220131133006j:image

ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留へはJR新橋駅を下車。

新橋駅の地下通路を抜けてコンラッド東京に行ったことがある方はお分かりになるかと思うのですが、地下通路を汐留シオサイト方面に進み日本テレビまで来ればザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留の入っている汐留タワーがありますよ。f:id:kisskillme:20220131132958j:image

ホテルの入り口分かりやすいですねf:id:kisskillme:20220131133013j:image

エレベーターに乗り、24階のフロントへと向かいます。f:id:kisskillme:20220131132955j:image

こちらのエレベーターは客室直結ではなく一度フロントで降りなければならないので外出時は少しだけ面倒ですが3基もあるので待つことはありませんでした。f:id:kisskillme:20220131133001j:image

24階へ到着。こちらのホテル、1泊1万円程なのでちょっと設備の整ったロイパの名を冠しているビジネスホテル形態だと思っていたのですがアイコニックはロイヤルパークホテルの「プレミアム宿泊主体型ホテル」だそうでフロントのカウンターも多くサービスもすごく丁寧。

ロイヤルパーク系列の中ではロイヤルパークホテル>ザ ロイヤルパークホテル アイコニック>ザ ロイヤルパークホテル>ザ ロイヤルパーク キャンバス といった位付けのようです。

外出するためにフロントの前を通るとすぐにスタッフの方がエレベーターを呼んでくださって感動しました。

高級ホテルは怖いけれどホテルマンのホスピタリティってやつに触れてみたい…(?)と思ったらまずここを訪れてほしいですね。

f:id:kisskillme:20220131183128j:image

話が逸れましたがなんだか可愛らしいカードキーを受け取ったらお部屋へと向かいます。

Hall Way

f:id:kisskillme:20220131133802j:image

フロントの奥にある客室用エレベーターに乗り、お部屋へと向かいます。

カードキーを翳すと自動で宿泊階のスイッチが点くものです。便利。f:id:kisskillme:20220131133750j:image

26階~38階の12フロアが客室で38階が全プラン朝食付き/カクテルサービスあり/1時間のレイトチェックアウト/専用アメニティがついたプレミアムフロアだそう。

また26階はデザイナーやブランドプロデュースのコンセプトルームが9室あります。大塚家具の北欧テイストのお部屋がとても素敵で気になっています。f:id:kisskillme:20220131133759j:image

33階のエレベーターホールへ到着。

やはりエレベーターの台数も多く、ただのホテルじゃないぞという風格f:id:kisskillme:20220131133753j:image

廊下は明るく、ラグジュアリー過ぎない感じがいいですね。f:id:kisskillme:20220131133756j:image

本日のお部屋3309号室に到着。楕円のライトが可愛らしいですね。

Room

ではでは、さっそく入っていきましょう。ドアオープン!

f:id:kisskillme:20220131134517j:image本日のお部屋はエコノミーダブル(汐留シティセンター又は日テレ社屋側)20.3平米と一番小さく"眺望も隣接するビル側に面していて一部遮られてしまう"お部屋です。

カーテンが閉まっている為、お部屋は少し暗め。

f:id:kisskillme:20220131134436j:image

ドア周りはシックですね。カードキーを差し込むと電源がつく式です。

多少不便ではありますが2003年開業とあまり新しくないホテルですし宿泊費も高くないのでしょうがない。f:id:kisskillme:20220131134455j:image

フロア割はこんな感じ。角部屋がジュニアスイートのようですね。f:id:kisskillme:20220131134442j:image

それでは奥へと進んでいきましょう。f:id:kisskillme:20220131134452j:image

右手には大きな鏡があります。2人横並びになっても映るような大きさ。

Bath room

f:id:kisskillme:20220131134508j:image

そしてお部屋入って左手はバスルーム。
f:id:kisskillme:20220131134445j:image

黒い壁がシックな感じ。こちらのお部屋はユニットバスです。f:id:kisskillme:20220131134520j:image

丸いベイシンが可愛らしいですね。f:id:kisskillme:20220131134449j:image

アメニティがクリアのボックスの中に収納されているのすごく可愛らしくないですか…。
f:id:kisskillme:20220131134432j:image

歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、バスソルト、コットン、綿棒、シャワーキャップがありました。
f:id:kisskillme:20220131134523j:image

タオルがここにかかっています。裾が引っかからないようにカゴに入っているのなんかいいですね。
f:id:kisskillme:20220131134439j:image

ドライヤーはPanasonicのEH-NE48。ボディタオルも用意されているのが嬉しいです。

こうやってバスソルトやボディタオルがあるの、さすがです。
f:id:kisskillme:20220131134458j:image

バスルームはこんな感じ。写真は撮っていますがこの日はデイユースの利用でお風呂は使っていないので使用感は不明。ただバスタブのすぐ上にライトがあったので明るかったです。
f:id:kisskillme:20220131134501j:image

シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュはオリジナルボトル。

オーガニックなヘアケア・ボディケアブランド、MILLENIUM ORGANICSのニュートリシャスというラインのものでした。
f:id:kisskillme:20220131134527j:image

タオルにもマークが入っていますね。

Closet

そしてバスルームの横にはちょっとした窪みがありクローゼットになっています。

特に扉とかはなくても良いですよね。
f:id:kisskillme:20220131135143j:image

アイロンにアイロン台もちゃんとお部屋に用意されているのでビジネスで連泊利用とかでも良いですね。

Bed room

最後にメインのお部屋を見ていきましょう〜!

コンパクトな作りではありますが、すごく居心地の良いお部屋でしたよ。
f:id:kisskillme:20220131135131j:image

まずはベッド。
f:id:kisskillme:20220131135152j:image

デイユースなのにちょっとお昼寝してしまうくらいに居心地が良いベッドでした。
f:id:kisskillme:20220131135134j:image
読書灯があまりデザイン性にこだわらないパワーのあるタイプなの良いですね。
f:id:kisskillme:20220131135149j:image

ベッドサイドはこんな感じ。サイドテーブル大きめでいいですね。

自宅のベッドはサイドテーブルを置く場所なく窓枠だけで過ごしているのでものすごく快適でした…
f:id:kisskillme:20220131135146j:image

そして引き出しがセキュリティボックスになっています。お隣にはパジャマ。

パジャマも着用していないため写真を撮り損ねましたが上下セパレートタイプでした。
f:id:kisskillme:20220131135137j:image

そしてお部屋の隅はこんな感じ。
f:id:kisskillme:20220131135140j:image

テレビは小さく、地上波と館内の案内くらいしか見ることができないタイプでした。

f:id:kisskillme:20220131182857j:image

そしてテレビの隣の棚がミニバーとなっています。
f:id:kisskillme:20220131182916j:image

ワイングラスにシャンパングラス、お皿にカトラリーも用意されているなんてすごくないですか…?ちょっとお部屋でお食事をいただくか、という時にも便利です。
f:id:kisskillme:20220131182901j:image

紅茶はMELROSE'Sというブランドのアールグレイダージリン、ロイヤルパークホテルのグリーンティー、そしてUSSの職人の珈琲というドリップコーヒーがありました。
ケトルはPeocock。ホテルではなかなか見ない気がします。
f:id:kisskillme:20220131182910j:image

冷蔵庫は中には何も入っていませんでした。
f:id:kisskillme:20220131182919j:image

最後に窓際。弧を描いたデスクが捗りそうだなと思いこのホテルにしたんですよね。
f:id:kisskillme:20220131182938j:image

広々としていてパソコンで作業をしたりお食事もこちらで摂ったりと大活躍でした。
f:id:kisskillme:20220131182928j:image

また窓辺がデイベッドになっているのも嬉しい…

ちょうど1人で座るのにちょうどよく、疲れたらここでまったりできました。
f:id:kisskillme:20220131182854j:image

窓を開けると開放感がありますね。デスクが壁に面していると暗いし楽しくないしなんとなく気が滅入ってしまうので(笑)すごくよかったです。
f:id:kisskillme:20220131182913j:image

デスクの上にはフリーのお水と案内などが。もちろんコンセントもしっかりあります。
f:id:kisskillme:20220131182851j:image

感染症対策として一部の備品が撤去されているとのことですが言われてみたら確かにないな…くらいの感覚でした。
f:id:kisskillme:20220131182931j:image

お食事の案内も。テイクアウトしてきてお部屋でゆっくりいただくのも良いですね。

ついついお部屋に引きこもりがちになります。

View

最後にお部屋からの眺望を見ていきましょう。

こちらのお部屋は"眺望も隣接するビル側に面していて一部遮られてしまう"と設定されていたお部屋でしたが想像を超える素敵な景色が…!
f:id:kisskillme:20220131182925j:image

目の前には汐留シティセンター。エメラルドグリーンのビルが青空に映えて綺麗です。
f:id:kisskillme:20220131182940j:image

夜の写真の方がわかりやすいのですがちょうど正面にスカイツリーが!

おそらくこのお部屋以外だとシティセンターに隠れてしまうので良いお部屋にアサインしてくださったんだろうな。
f:id:kisskillme:20220131182922j:image

ちなみに同じタイプのお部屋でも東京タワービューもあるのだとか。

東京タワーが見えるお部屋もスカイツリーが見えるお部屋もあるなんてすごい…!

 

Comment

f:id:kisskillme:20220131182907j:image

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留、本当に良いホテルでした…

コンパクトなお部屋の作りではありますが快適でホスピタリティも良くて大満足。

デイユースで帰るのが惜しいと感じてしまうホテルでした…がデスクが使いやすく作業も捗ったのでまた利用したいな。

 

今回利用したホテルはこちら↓

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留

Address : 東京都港区東新橋1-6-3

JR新橋駅 汐留口より地下通路 徒歩約3分

TEL:03-6253-1111 

HP:https://www.the-royalpark.jp/the/tokyoshiodome/

↓予約はこちらから↓

>一休.com  >楽天トラベル

 

ではでは!また次のブログでお会いしましょう。ばいばーい!