おいしいものとわたしの幸せたち。

【宿泊記】別邸 山の季 208号室 特別室 竜胆(りんどう)

こんにちは。わたしです。

今日は2021年9月に宿泊した別邸 山の季 の宿泊記を書いていこうと思います。

f:id:kisskillme:20220122080648j:image

昨年(2020年8月)にも訪れて別のお部屋に宿泊しているんですよね。

その宿泊記はこちら↓

 

Check In

f:id:kisskillme:20220122080638j:image

山の季へは米沢駅から送迎バスに乗ってきました。米沢駅からは車で40分ほどとアクセスは悪めなので送迎があるの有り難いですね。(路線バスで訪れることも可能です)
f:id:kisskillme:20220122080654j:image

傘がお出迎え。旅館なので当たり前ですが和な雰囲気がいいですよね。
f:id:kisskillme:20220122080704j:image

2回目にもなると「帰ってきた〜」という気持ちになり、旅館のお名前通り別邸のよう。なんだか落ち着きます。
f:id:kisskillme:20220122080651j:image

お席へと通され、こちらでチェックインをしました。
f:id:kisskillme:20220122080701j:image

紅花入りの梅昆布茶とお手拭きも出していただき、ほっとしますね。

チェックインを終えるとそのままお部屋へと向かいます。

山の季さんは11室しかない小さなお宿で全客室が2階にあります。
f:id:kisskillme:20220122080634j:image

ではでは廊下を進んでお部屋へと向かいます…!

 

Room

f:id:kisskillme:20220122080658j:image

角部屋に位置する場所に本日のお部屋限定1室の特別室「竜胆(りんどう)」があります。

12.5畳+8畳の70平米で1番大きな和室のお部屋です。ちなみに和洋室だと同じ70平米で桔梗というお部屋もありますよ。
f:id:kisskillme:20220122080641j:image

まず玄関からして広い…!
f:id:kisskillme:20220122080707j:image

お部屋の作りはこんな感じ。見取り図は公式HPよりお借りしました。

本間が2つあり6名まで宿泊できるお部屋だそうです。
f:id:kisskillme:20220122080644j:image

フロア割はこんな感じ。昨年宿泊した繁縷のお部屋と近いです。

竜胆のお部屋は特別広いですが他のお部屋も40平米と十分な大きさです。

 

Bath Room

まずは玄関から正面の扉。

f:id:kisskillme:20220124082657j:image

こちらがバスルームになっています。ベイシンはダブル。
f:id:kisskillme:20220124082643j:image

チェアもあるので朝の準備もゆっくりできちゃいます。
f:id:kisskillme:20220124082700j:image

男性用にRAGORAというマーガレットジョセフィンの系列のヘアトニック,アフターシェーブローション,ヘアリキッドがありました。
f:id:kisskillme:20220124082639j:image

DHCのOLIVE GOLDというシリーズのジェルローション,ミルキージェル,クレンジングオイル,フェースウォッシュ,ヘアミルク,ボディ&ハンドミルクがありました。
f:id:kisskillme:20220124082705j:image

ドライヤーは押しながらじゃないと動かないタイプでしたが温泉に行きますしお部屋ではドライヤーしないので特に問題なし。
f:id:kisskillme:20220124082713j:image

アメニティ。歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、ヘアゴム、シャワーキャップがありました。
f:id:kisskillme:20220124082647j:image

絆創膏と綿棒もあり。絆創膏があるホテルや旅館ってなかなかないですよね。なんだかちょっと嬉しい。
f:id:kisskillme:20220124082708j:image

そして奥には扉が2つ。

左手前がよく見ると「洋式」と書いてありますがお手洗い。f:id:kisskillme:20220124082650j:image

多少古めかしい形ではありますがウォッシュレットもありました。

そして奥がお風呂。
f:id:kisskillme:20220124082653j:image

温泉があるのにしっかり浴槽付きのバスルームがあることに驚き。こちらも古めかしさはあるものの基本的に使われないからでしょうか、綺麗なバスルームでした。

Main Room - 8 tatami mats

襖を開けるとまずは8畳のお部屋。前室というには広すぎます…!

f:id:kisskillme:20220124083303j:image

こちらはお布団敷いていただいた後もリビングとして使用していました。
f:id:kisskillme:20220124083325j:imagef:id:kisskillme:20220124083334j:image
f:id:kisskillme:20220124083312j:image

お部屋の隅にテレビ(26インチと小さめ)、電話に空気清浄機などいろいろなものがまとめられていました。
f:id:kisskillme:20220124083345j:image

押し入れには椅子や肘置きがたくさん。
f:id:kisskillme:20220124083315j:image

ちょっと床の間のようなスペース。
f:id:kisskillme:20220124083300j:image

衣類をかけれるようになっていました。

Hiroen

f:id:kisskillme:20220124083337j:image

ローマ字で書くと違和感しかないですが(笑)広縁もあり。このお部屋、座るところが多すぎます…!
f:id:kisskillme:20220124083256j:image

壁際にミニバーがまとめられていますね。
f:id:kisskillme:20220124083245j:image


f:id:kisskillme:20220124083319j:image

グラスが用途に応じて色々置かれていて嬉しい
f:id:kisskillme:20220124083253j:image

ラウンジにあったものと同じカプセルから抽出するタイプのドリンク。UCCのものです。
f:id:kisskillme:20220124083309j:image

モカ&キリマンジャロ有機栽培コロンビア、グアテマラ&コロンビア、マンダリン&ブラジル、アールグレイ紅茶、ジャスミン茶、カフェインレスコーヒーのカプセルが各2つずつ用意されていました。カフェインに困ることはなさそうです…!
f:id:kisskillme:20220124083322j:image

茶器もしっかり。
f:id:kisskillme:20220124083248j:image

あと嬉しいのは昨年の蘩蔞のお部屋にもありましたがウイスキーが置かれていること!

すごい大人の空間ですよね…温泉に入った後夜中にしっぽりといただきたい感じです。
f:id:kisskillme:20220124083306j:image

米沢市の工芸品・成島焼和久井窯も飾られていました。
f:id:kisskillme:20220124083331j:image

下に冷蔵庫。配線がすごくはみ出ているけれどそこはあまり気にしない感じで…笑
f:id:kisskillme:20220124083340j:image

冷蔵庫の中のドリンクも全て宿泊代に含まれているので無料ですよ。
f:id:kisskillme:20220124083349j:image

駅周辺のお土産屋さんにもおいてあった高畠醸造。ハーフでブランとルージュが1本ずつありました。日本酒だけでなくワインも楽しめちゃう山形県

こちらの高畠醸造のワインは夕食でマスカットベリーAとシャルドネのご用意がありましたよ。

Main Room - 12.5 tatami mats

そして奥に12畳のお部屋が。こちらが後にお布団を敷いていただき寝室となります。

f:id:kisskillme:20220124084514j:image
f:id:kisskillme:20220124084448j:image

チェックイン時は案内なども置いてあり、一旦こちらでまったり。
f:id:kisskillme:20220124084431j:image 

お部屋の案内や約款、テレビの番組表(なんで旅館って新聞とかでもなくコピーした番組表が用意されているのでしょうね。)、感染症対策についてとDHCのスキンケアセットが用意されていました。f:id:kisskillme:20220124084544j:image

こんな感じで旅館の案内が。白布温泉の他の旅館の温泉を利用することも可能です。

昨年訪れた時はキャンペーン中で3つ回ることができたので東屋旅館と中屋別館に行きました。

kisskillme.hatenablog.jp


f:id:kisskillme:20220124084548j:image

もちろんこちらの山の季内の温泉のご用意もありましたよ。
f:id:kisskillme:20220124084441j:image

床の間。
f:id:kisskillme:20220124084500j:image

お部屋の雰囲気にあった木製の延長コードがありました。

延長コードが最初からお部屋に用意されているの嬉しいです。
f:id:kisskillme:20220124084451j:image

こちらがクローゼット。温泉にいくのに便利なカゴバッグもありましたよ。
f:id:kisskillme:20220124084438j:image

ぱかっと開けると広い…。扉が大きすぎます。
f:id:kisskillme:20220124084435j:image
タオル、浴衣(夜・朝用)、靴下とソーイングセットが中にありました。
f:id:kisskillme:20220124084506j:image

8畳側の押し入れにはお布団がたくさん入っていました。
f:id:kisskillme:20220124084444j:image
隅には26インチのテレビ。DVDプレーヤーも用意されています。

フロントに映画のソフトがあったのでお借りしてきて見ることができますね。

f:id:kisskillme:20220124141237j:image

夜、食事が終わってからお部屋に帰ってくるとお布団が敷かれていました。
f:id:kisskillme:20220124141240j:image

お布団の柄、よくわからないけれどついつい撮影してしまう…!

Onsen

お部屋を堪能した後は温泉へと行きましょう。

f:id:kisskillme:20220124141431j:image

昨年は利用していない貸し切り風呂の予約をお願いしました。1時間単位で予約することができます。
f:id:kisskillme:20220124141449j:image

3階にある温泉スペースはこんな感じ。
f:id:kisskillme:20220124141428j:image

温泉の成分表、見たい方がいるかわからないけれど…笑

脱衣所にあると撮影しにくいので共有スペースにあるの嬉しいです。

f:id:kisskillme:20220124141446j:image

もちろん給水機も…と思っていたら白布の源湧水なんだとか。なんとなく普通のお水よりも嬉しいですよね。
f:id:kisskillme:20220124141440j:image

お風呂上がりはオールフリーも飲めちゃいます!

貸し切り風呂

f:id:kisskillme:20220124141426j:image

まずは鍵をお借りしてきた貸切風呂から。うきうきで入りますが・・・
f:id:kisskillme:20220124141443j:image

写真だと素敵な感じなのですが、狭くてこんな素敵じゃない…笑

体を見せたくないなど特別な理由がなければ利用しなくて良いお風呂だと思います。

 

石風呂 山石

f:id:kisskillme:20220124141423j:image

お風呂は20:00に入れ替えでこの日15:00~20:00の女性風呂が石風呂でした。f:id:kisskillme:20220124141434j:image

石造りで広々としています。

洗い場も清潔感があり、白布温泉の中では一番かも…?(主観です)

檜風呂 山の木

f:id:kisskillme:20220124141452j:image

20:00~翌10:00までは檜風呂が女性用。温泉は24時間空いているので私はふと目が覚めた3時頃に訪れました。夜中もお風呂が空いてるのって嬉しいですね。
f:id:kisskillme:20220124141437j:image

夜中に1人で檜風呂でほっとする時間、すごく気持ちよかったです。

もともと11室しかないお宿なので温泉は混み合わないのが嬉しいですね。

Comment

思わず再訪してしまう本当に良いお宿。今回は特別室を予約したのですごく広いお部屋でのんびり過ごせました。

お部屋の設備としては新しくて素敵!とはいかないものの不便なところはなく、バスで訪れやすいので車なくてもアクセスが良い立地なのも良い。(運転しなくて良いとお酒飲み放題ですね!)

明日のブログではこちらもまた最高なオールインクルーシブでお酒が飲み放題だったり、米沢牛ステーキの夕食、そして朝食について書いていきたいと思います。

 

今回利用したホテルはこちら↓

別邸 山の季

Address:山形県米沢市関清水裏3931-4

JR米沢駅よりバスで約40分『白布温泉待合所』下車 目の前(1日1本送迎バスあり)

TEL:0238-55-2141 

HP:http://www.yamanoki.co.jp/

↓予約はこちらから↓

>一休.com  >楽天トラベル  >じゃらんnet

ではでは!また次のブログでお会いしましょう。ばいばーい!