おいしいものとわたしの幸せたち。

2021年7月に見た映画まとめ。

こんにちは。わたしです。

今日は毎月恒例の映画まとめ!

わたしが7月に劇場・試写・配信で見た映画をまとめていきます。

先月分はこちら。

kisskillme.hatenablog.jp

 

 劇場鑑賞 4本(試写会含む)

SOBOK/ソボク

f:id:kisskillme:20210705222529j:image

filmarks.com

 オンライン試写にて。最近は自宅で見れる試写がすごくありがたい…!仕事終わりにダッシュで都内に向かってできるだけ真ん中の席がとれるようキリキリしなくて済みます。その分自宅だと集中力はないけどね…

永遠の命を持つクローンと余命幾ばくない男の逃走劇ヒューマンドラマ!アクションも人間ドラマも手を抜くことなくすごく面白くて韓国映画やっぱりすごいな〜と思わされる。多少最後のVFXが粗い感じもするけれど日本とは比べ物にならない…な…。

かなり好きなテイストだったので年間10入りもありそうな気がする作品でした。

 

ブラック・ウィドウ

f:id:kisskillme:20210730082346j:image

filmarks.com

 マーベルはなんだかんだ劇場でちゃんと見ている…ナターシャの過去編。スーパーパワーやメカのない普通の人間枠(?)なのでしっかり肉弾戦というか女スパイもののようでいつものヒーロー映画とはちょっと毛色が異なる感じ、すごく良い。テンポもいい…けど人智を超えたヒーローものが見たい方向きではないので戦闘が地味という評価も見かける…。

妹エレーナを演じたフローレンス・ピューちゃん、大好きなんですよ…もうミッドサマー、ストーリーオブマイライフ、今作ブラックウィドウで完全に世界的スターに仲間入りしましたね…。ポーズいじり最高すぎて笑ったしなんだかんだ何しても許される妹感、めっちゃ良い。ハスキーな声も好き…!

しかしこんなに家族がいてエレーナもいるのにナターシャは亡くなってしまったんだろうと涙が止まらなかった。エンドロール後も「あ〜どうなるの〜〜」ってなるやつです。

そういえばちなみにナターシャの幼少期はミラ・ジョヴォヴィッチの娘だそう。驚き。

マーベルは今後も公開決まっているのがたくさんあるから楽しみだな。

 

Summer of 85

f:id:kisskillme:20210730082520j:image

filmarks.com

フランソワ・オゾン監督の新作。わたしあんまりこの監督合わないかも…と二重螺旋の恋人では思っていたんんだけど今作はすごくよかった。

少年たちの一夏の出会いと永遠の別れ、彼の最後の願いを遂げようとする切ない物語。

最初はどうした?!なにがあった?!ってなる感じでストーリーが進むにつれて見えていくのが面白い。

あと本当に80年代の映画を見ているようでざらっとした画質なのもよかった。ノスタルジック。やっぱり80年代ってなんか永遠の憧れだよね。

 

ライトハウス
f:id:kisskillme:20210730082423j:image

filmarks.com

ジャンルとしてはホラーなんだけど”怖い”シーンはない、これまた新しいA24のホラーの境地。とにかく不快で不思議な感じでわけのわからなさにぞくっとさせられる。ロバートエガース監督はウィッチがすごくわかりやすくて面白かった分ちょっと驚き。

ハリーポッターのセドリックやトワイライトで知られるロバートパティンソン、ただの2枚目俳優でいくのかと思いきやどんどん面白くなってくな…と嬉しく思う。

しかしモノクロ映画を劇場で鑑賞するのは初めてだったのだけれど目が痛くなりますね…

 

とそんな感じでした。今月はちょっと忙しかったこともあり劇場試写ともに少なめ。 

配信で鑑賞 12本


f:id:kisskillme:20210705222552j:image

f:id:kisskillme:20210705222549j:image

f:id:kisskillme:20210705222545j:image

7月の待ち受けを君の名前で僕を呼んでにしていたので見た。やっぱりとにかく良くて何度見ても胸が締め付けられる…男性同士の恋愛映画は結構見ているのだけれど未だこれがベスト。ネトフリに入っていたファイナルガールズ、ジェイソン的な映画にトリップしてしまいホラーあるある死ぬ鉄則を回避してどうにか生き残る話なんだけど本当に面白い!ジェイソン好きは見て!


f:id:kisskillme:20210721082303j:image

f:id:kisskillme:20210721082309j:image

f:id:kisskillme:20210721082257j:image

図書館戦争の実写はいいのよ、好きなのよ。でも改めて見ると郁が社会人にしては甘ったれすぎてちょっとむかつくね…いや〜手塚兄は松坂桃李じゃないと思うんだけどそれでもいいんだよね。キャストが違う感じあると全てダメに感じる邦画も多い中ここまで完成度を高めた佐藤監督がやはり好き。そして図書館革命を描いたアニメ映画の方、これも劇場で見たな懐かしい…アニメはアニメで好き…もともと本が好きだとメディア展開しても惹かれない作品って多いのですが図書館戦争はそうじゃないんですよね。

アリー、曲聴きたくて見たけど何度見ても切なくて泣ける。


f:id:kisskillme:20210721082330j:image

f:id:kisskillme:20210721082326j:image

f:id:kisskillme:20210721082335j:image

とりあえずテンションあげたい時はグレショ!楽しい!と夏だから見なきゃ、なサマーウォーズ。やっぱり好き…誰よりも何よりも「ちょっと言えないとこ♡」所属の陸自の理一さんが超好きです…結婚したい…。京都に行くのに見た夜は短し歩けよ乙女。京都の土地がたくさん出てくるので楽しいけど京都旅行では全然作中に出てくるところには行かなかったな…


f:id:kisskillme:20210805111725j:image

f:id:kisskillme:20210805111728j:image

f:id:kisskillme:20210805111731j:image

7月ラストは「わたし的恋人見たら別れる映画」をチョイス。この映画まとめ、3作品並べて載せるのでこうやってコンセプトで3作品並べるのもミニシアターの作品決めみたいで面白いかもと思ったり。

この3作は特に男女で解釈が分かれるのではないかな…と思っています。でもどれも好き…。ミッドサマーはやはりヒーリングムービーだし花束みたい〜はどうして麦くんはああなってしまったかわからないし寝ても覚めても唐田えりかの仙台(?)の海を見つめるあの真っ暗な瞳が怖すぎて超好き…

 

とそんな感じが今月の映画でした。なんか旅行行ったりしていたらちょっと少なめで残念。8月は劇場ではワイルドスピードとヒロアカは見るかな…って感じ。プロミシングヤングウーマンと返校、ドントブリーズはみたいけれどどうなることやら…。って感じかな。

ではでは!また次のブログでお会いしましょう。ばいばーい!