おいしいものとわたしの幸せたち。

【新型コロナウイルス検査】”ICheck"抗原検査を行いました。

こんにちは。わたしです。

Twitterで仲良くさせていただいてる空飛ぶコンラッドおじさんがブログで抗原検査をされていたのでブログを拝見してわたしも購入してみました。 

tabe-tobi-tabi.com

 

自宅で検査できて15分で結果がわかる…とお手軽ではあるものの4,400円するので失敗したら嫌ですよね。どんな感じで検査をしていくものなのかレポしていきたいと思います。

(こちらのキットは唾液を採取して検査します。直接的に唾液が見えたりはしませんが人によっては不快に感じることもあると思いますがご理解の上読んでいただきますようお願いいたします。)

 

キットの購入方法

わたしはamazonから購入しました。prime会員だからか(?)翌日にポスト投函で到着。早い。ちなみに8月12日までは1,100円オフクーポンが出ているのでこれからやむを得ない外出予定がある方などは事前に購入しておくのも良いかもしれません。

 

抗原検査とは?PCRと何が違うの?

ちなみに検査を始める前に今回の「抗原検査」と「PCR検査」って何が違うの?ってところですが

抗原検査…ウイルスのタンパク質で調べる(一定数のウイルス量が必要)

PCR検査…ウイルスの遺伝子で調べる(抗原より少ないウイルス量で検出可能)

んだそう。つまり抗原検査って引っ掛かったらPCRも引っかかるのでは…?と思ったり。抗原検査・PCR共に調べられるのは「いま感染しているか」だけ。過去に感染したことがあるかは抗体検査でしかわかりません。

 

さてさて、なんとなーく今回やる検査がわかったところでさっそく初めていきましょう。

 

”ICheck"で抗原検査!

わたしは旅行の前に検査。一人旅で基本的にほぼホテルに滞在するため感染のリスクはかなり低いかな…と思っているのですが万全の状態で行くことは大事ですよね。

amazonの袋から取り出すと結構小ぶりでびっくり。

f:id:kisskillme:20210807092420j:image

明るいグリーンのパッケージが可愛いです。使用期限は1年ほど。
f:id:kisskillme:20210807092406j:image

開けてみるとこんな感じ。おお〜検査っぽい!などと思ってしまったり。
f:id:kisskillme:20210807092414j:image

使用説明書が同梱されています。しっかりとイラストで紹介されているので特に困ることはなかったな。カラーでわかりやすいです。
f:id:kisskillme:20210807092337j:image

万が一「陽性」の結果が出てしまったらPCR検査のキットを送ってもらえるそうです。
f:id:kisskillme:20210807092341j:image

 

まずは袋から中身を取り出します。一つずつ袋に入ってる感じ、医療品(?)って感じです!(手術の滅菌袋的なイメージ)
f:id:kisskillme:20210807092333j:image

①キットが全て揃っているか確認する。

キットの中身は

・検体採取用スワブ

・検査キット

・スポイト

・検体採取用保存液

が入っています。

ちゃんと全て揃っていますね。
f:id:kisskillme:20210807092402j:image

②検体採取用保存液の蓋を開けておく。

倒さないように要注意。液体は割と少なめです。
f:id:kisskillme:20210807092346p:image

③検体採取用スワブを取り出し喉の奥から回転させながらスワブに染み込ませるように10〜15回程度擦過する。

唾液でも採取できますが咽頭口部・口蓋扁桃部からの採取推奨…だそう。やっぱりコロナって喉にくる?んですかね?えずいてしまったりインフルの鼻に綿棒差す検査みたいになるのかな…と不安だったのですが意外と普通に触ることができて驚き。
f:id:kisskillme:20210807092417j:image

 

④保存液にスワブの先端を浸した後くびれ部分を前後に曲げて折り、液の中に沈める。

ちょっと手間取りますがよく見るとスワブにくびれたような部分があるので曲げて折り、スワブを液へと沈めます。ちょうど保存液の容器に入るぴったりサイズ。
f:id:kisskillme:20210807092352j:image

⑤しっかりとフタをして数回振りスワブと保存液を馴染ませ、一分待つ。

蓋をしっかりと閉めて振ります!!!!ちょっと写真を撮る際に数回…よりも振りすぎてしまった気がします。
f:id:kisskillme:20210807092330j:image

⑥スポイトで4~5滴分ほど吸い取り、検査キットのS窓に滴下する。

スポイトで吸い取ります。スポイトの先端を液の真ん中らへんにつけてしっかり吸えば1回でOK。
f:id:kisskillme:20210807092431j:image

下の小窓にぽとぽとと4~5液垂らします。わたしは大は小をかねるタイプなのでこういう書き方されてると絶対5液垂らしちゃう。
f:id:kisskillme:20210807092424j:image

 

⑦全体が徐々に染まったのち、約15分でラインがはっきり確認できます。

徐々に…というかみるみる上の窓が紫色に染まっていきます。15分で…と書かれていますがすぐでした。
f:id:kisskillme:20210807092410j:image

下の線Tに線が入ってしまうと「陽性」または「無効」になってしまうのでどきどきしましたが最終的にはこんな感じ!
f:id:kisskillme:20210807092355j:image

Cにだけ線が入り「陰性(ウイルスの抗原なし)」です!

体調はすこぶる良いし特に不安はなかったものの無症状ということも考えられるし…と思っていましたがこれで一安心です。
f:id:kisskillme:20210807092427j:image

もちろん「コロナに罹っていなければ遊びに・旅行に行っていい」というわけではありませんし難しい問題ではありますが少なくとも「他人に感染してしまうかも」という事態だけは避けることができるのではないでしょうか。
f:id:kisskillme:20210807092359j:image

今後何かあった時、体感での体調の良さだけを信じるのではなくてこうやって検査することも大事かな…と思わされますね。

 

ではでは!また次のブログでお会いしましょう。ばいばーい!