おいしいものとわたしの幸せたち。

ホテル内だけれども隠れ家的バー 横浜ベイシェラトン ベイウェスト【今宵もどこかのバーでvol.1】

こんにちは。わたしです。

最近バーにはまっているのでちょっとシリーズ化してみようかな…とタイトルをつけてみました。タイトルは伊藤精介さんの御本を少しもじって拝借しております。

 

お友達と映画を見た帰り、ちょっと暇になってしまったので横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズの3階にあるバー ベイウェストへ。

横浜ベイシェラトンにはスカイラウンジ「ベイ・ビュー」とバー「ベイ・ウェスト」があるようです。

f:id:kisskillme:20220422174133j:image

入口の雰囲気は良いのですが最近の飲食店はアルコールや県民割・マスク飲食実施店…などといろいろな掲示とアルコールが置かれていて落ち着きませんね。f:id:kisskillme:20220422174136j:image

1名です、と声をかけて中へとご案内いただきました。店内のお写真はお借りしております。f:id:kisskillme:20220422174130j:image

圧倒的に男性同士で飲んでいるお客さんばかりです。女性連れなら夜景がきれいなベイビューを選ぶのかもしれません。以前ベイビューに訪れた際も女性客が多かった記憶。
f:id:kisskillme:20220422174124j:image

8席程のカウンターは半分ほどが埋まっています。1席ずつパーテーションがあり雰囲気は損なわれるものの安心。なんとなくカウンターでも境界が生まれることで1人の世界に没頭しやすい。
f:id:kisskillme:20220422174121j:image

目の前にはボトルがずらり。きらきらと照明で光るボトルを見るのが幸せですね。

メニューはなんとタブレットでした。まるでカラオケのデンモクのように"カクテル""ウイスキー"…などといったジャンル分けがされています。

映画帰り、と言いましたがこの日見たのは名探偵コナン。どうしてもバーボンが飲みたい気分だったのでウイスキー、バーボン、とタップして進めていきます。

うーん劇中に出てきたフォアローゼスのブラックはさすがにないですね。

フォアローゼスのプラチナとシングルバレルで悩んだけれどシングルバレルでハイボールにしてもらいます。

こういうバーで頼むとき、ハイボールでと頼むべきかソーダ割でと言うべきかいつも悩む。

 

カクテルには詳しくないのですがシェイクしたりステアしたりしてくれる(?)バーテンダーさんがいる中家でも居酒屋でも飲めるハイボールなんてもったいないかなあ…とも思ってしまうのですが氷を回してウィスキーの香りを開いたり氷を持ち上げる仕草が素敵でついつい作っているところを眺めてしまいますね。
f:id:kisskillme:20220422174143j:image

映画の余韻に浸りながら香りのよいフォアローゼスを頂く時間、至福です。

「バーボン、お好きなんですね…」とバーテンダーさんに話しかけられ首肯。

おそらくタッチパネルのメニューを迷わず選んだからでしょう。ちょっと恥ずかしい。

静かすぎない男性客同士の会話がなんとなくおもしろくこっそり聞き耳を立てる。

「あいつこういう時付き合い悪いよな」「オンラインのゲームはすぐ来るのにな」

オンラインでゲームも楽しいしオンラインのみが一般的になった今出かけたくない気持ちもわかる。

 


すいすい飲み進めてしまいあっというまに空になってしまったフォアローゼス。

「次飲まれますか?」と良いタイミングで声をかけられ再度メニューをお願いします。

よろしければウイスキーのページ開いておきました、と渡されるタブレットがちょっとくすぐったい。

今度はバーボン以外のメニューを開いてみる。スコッチも良いなと思いつつも結局バーボン。

ブラントンをハイボールで。ブラックとノーマルがありましたがノーマルで。

併せてちょっとしたお食事も注文しました。

「バーは良く来られるんですか?」「ホテルが好きなので宿泊と合わせてくることが多いです。ホテルバーじゃないと入りにくくてなかなか行けないんですけれど」「ホテルのバーは間口が大きいですもんね。オープンというか」「そうですね、あとホテルだとメニューがあるじゃないですか…」などとちょっとした会話を交わすのも楽しい。

f:id:kisskillme:20220422174146j:image

グラスをことり、と置かれそれを撮影していると…
f:id:kisskillme:20220422174118j:image

「失礼いたしました」とボトルを後から持ってきてくださり有り難かった…。

このお馬さんのついたボトル可愛いですよね。よく見てくださっているなあと感心してしまいます。

バーテンダーさんがお水を下さり「いつもハイボール飲まれるんですか?」と。

「かわいいカクテルを飲むときもありますよ」と笑うと「そうですよね、女性の方はやっぱりカクテルが多いので珍しいなと思って。他にハイボールだけを嗜まれる女性、一人くらいしか思い当たらないです」と。

うーん光栄なことだが3杯目はデザート代わりにカクテルを頼もうかと悩んでいたけれどどうしよう(笑)

 

そうお話ししつつ飲んでいると隣の席に老紳士が。バーテンダーさんやウェイターさんがこぞって挨拶されていてすごそうな人だ…と思わず横目に見てしまいます。

ボトルキープされているようでしたが一杯目はカクテルを嗜まれ「美味しいね、」と漏らす男性…かっこいい…!

将来こんなおじいちゃんになりたいな、と思ったけれど性転換しないとおじいちゃんにはなれないな…。

f:id:kisskillme:20220422174149j:image

少し時間がかかりましたが届いたポテトの盛り合わせ。2杯目と一緒に頼んで飲み終わる頃にやってきたのですが「下のレストランで作っているのですがもう少しでくると思うので…」「もうまもなく来ますね」とちょこちょこ声をかけてくださったので忘れられてるかな?と不安になることなく待てました。

普通のポテトフライとハッシュドポテト的な丸いポテトとあみあみのポテトが3種類入っていてほくほく。美味しいです…

お子様なのでかっこよくバーに行っても気づいたらポテトとか食べてしまいます。

 

ここでブラントンがなくなったので「まだ飲まれますか?」と聞いてもらったのでせっかくなのでバーテンダーさんのおすすめをお願いしてみることに。

一杯目からおすすめは頼みにくいですが少しずつ話していって仲良くなれたら頼みやすいですよね。f:id:kisskillme:20220422174139j:image

お兄さんが出してくださったのはアマハガン。滋賀県の長濱蒸留所でつくられているウイスキーでバーボン樽で追加熟成させているためぴったりかと思って…と出していただきました。またこのアマハガン、ベイシェラトンの25周年を記念したオリジナルラベルでここでしか飲めないそうです。

バーボンと比べるとすっきりな感じですがこちらもまた香りが良い…ごちそうさまでした。

3杯も飲んだらすっかり酔っ払い。今日は宿泊ではないのでゆっくり帰路に着くことにしましょう。

お会計はこんな感じでした。

カバーチャージ 1,000円

フォアローゼス シングルバレル 2,100円

ブラントン 2,500円

アマハガン 2,300円

ソーダ 400×2 800円

フライドポテト 1,600円

--------------------------------------

マリオットボンヴォイ プラチナ割引-1,850円

合計 8,440円

いや…高いな…?ホテルで飲む美味しいお酒、まあ一杯2,000円はするでしょ!って気持ちで飲むけれど3杯も飲むと高いね…って感じてしまうやつ。あとこちらのバーはカバーチャージがかかるので要注意。(入り口にちゃんと記載ありましたが)。プラチナ割引効いてよかった…!と思いますね。

ちなみに一休レストランから予約すると8,000円で2時間フリーフロー(ビール・カクテル50種・ウイスキー・ワイン・焼酎・シャンパン・ソフトドリンク)にミニオードブルとおすすめスナック盛り合わせというプランがあるそう…!

これめちゃくちゃお得ですよね。しかもカクテル50種ってすごい…!

今度はこのプランで飲みに行こうかな、と思いました。f:id:kisskillme:20220422174127j:image

ほろ酔いで人の少なくなったロビーを撮影する、良い夜でした。

 

今宵利用したバーはこちら↓

店名:横浜ベイシェラトン バー ベイウェスト

住所:神奈川県横浜市西区北幸1-3-23 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ3F

TEL:050-5232-4688

HP:https://portal.marriott.com/tyoys-yokohama-bay-sheraton-hotel-and-towers-dining/bar-bay-west

予約・詳細はこちらから↓

>一休レストラン >食べログ 

 

宿泊記はこちら↓

kisskillme.hatenablog.jp

 

ではでは、また次のブログでお会いしましょう。ばいばーい!